施工事例

case26 世田谷区赤堤 事務所@自宅 新設工事

  • 2012.02.8
  • officeリフォーム
施工年月 平成24年1月
建設形態 築24年 3階建て鉄骨造
工事内容 事務所新設のための内装工事(自宅改装)
施工期間 2週間
工事費用 約70万円

普段お世話になっている協力会社さまより、事務所移設のご依頼を頂きました。
鉄骨造3階建てのご自宅、1階部分を改修し事務所が誕生しました。

改修場所であるご自宅1階は、それまで納戸として使用されており、
建具が無く「部屋」として独立していませんでした。
ご要望としては、

・以前床下に水が溜まったことがあり、もし補強が必要であればして欲しい
・床とクロスの張替え
・建具もしくはカーテンのようなもので間仕切れるようにする
・社銘板及びポストの設置

といった内容です。

まずは、床下の状況確認から。

  

お施主さまよりお話しをお伺いしたところ、
建築時から数年後に、1階部分で土間打ちを施したことがあるとのことでした。
既存の束を残した状態で土間打ちを行った為、地面から直接水分を吸収していました。
(触ると表面が剥がれ内部が湿っていました。)

腐った束を撤去し、鋼製束を差し替えます。
鋼製束は土間と接着させ、大引きとはビスと張力で固定しました。
表面が亜鉛メッキ処理されており、耐久性に優れ腐巧菌による劣化がありません。

 

鋼製束を設置し既存の束を根元からカットしました。
土間を打った後に追加された束の脇にも補強として設置しています。

次に、内装工事です。
床・クロスを貼り替えていきます。
天井は、ジプトーンのようなパネルであった為、塗装を全面に施します。
工事前の様子がこちら。
納戸としてお使いになっていた為、床の痛み、クロスの汚れが目立ちました。

カーテンで仕切られていた部分に建具(ドア)を設置することになりました。
弊社が自負する資材調達力を発揮!
建具はパナソニック製品を安価で仕入れ納品しました。

(左)クロス貼り替えの様子      (右)既存床へフローリング材を上張りしていきます。

さて、こちらが室内仕上がりの様子です。
エアコンも新規取付ました。


さらに、外壁、土間空間の壁面にも塗装を施します。

 

仕上げに、社銘板を設置。
ポストは、お母様用と事務所用2つ設置しました。


★ 担当者より ★

お世話になっている協力会社さまの新事務所は、清潔感のある空間に仕上がりました。
今回床下を点検したことで、状況把握が出来ました。
床下を補強したことでより長くお使い頂けます。
リフォーム部分だけでなく、建物の躯体自体にも気を配り改修することの大切さを
改めて感じる現場となり、わたくし共も学ぶことが多かったです。
どうもありがとうございました。

ページの先頭に戻る