施工事例

case34 渋谷区幡ヶ谷一丁目 1Rアクセントクロス -桃×茶の組み合わせ-

  • 2012.05.14
  • 賃貸リフォーム(間取り変更プラン)

case33と同間取りの1Rをリニューアルしました。
従来「3点ユニット」仕様だった為、「トイレ」を独立させる間取りへ変更。
さらに、エリアとターゲット年齢層を考慮し、濃茶色のアクセントクロスを採用。
落ち着いた雰囲気を演出。インテリアを楽しみたい方にぴったりな内装に仕上がりました。

         【既存の間取り】                    【間取り変更後】

既存の間取りでは、水廻りがコンパクトにまとまっている分
広い室内スペースが確保されていましたが、
トイレと浴室が同室、且つ脱衣スペースとして独立した場所がありませんでした。

そこで、思い切ってキッチンを外に出し、サニタリースペースを広げるプランをご提案しました。
お隣が新宿、という土地柄からも平面積からも「がっつり料理をする」というよりは
コンパクトなキッチンで満足、という生活スタイルの方が多数と予想されるので
こちらのプランが実施に至りました。

           【before】                          【after】

 

嫌煙されがちな「3点ユニット」からトイレを分離。「2点ユニット」とサニタリースペースを確保。

 

玄関入ってすぐ、北側にアクセントクロス。ホワイト色の長押が際立ちます。

 

 

1200幅のIHキッチン。水廻りも新品で、在りそうでなかった住まい手目線の1Rです。

住まい方のイメージは、こちら。

アクセントクロス採用といえどクセ強すぎず、イメージも広がるのではないでしょうか?
こちらのお部屋のドアカラーは桃色であることを考慮し、濃い茶色をセレクトしています。

現在入居者募集中です♪
もしご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お声かけください^^

ページの先頭に戻る