施工事例

case57  中野区野方 店舗移転による外装工事

  • 2013.10.3
  • officeリフォーム
施工年月 平成25年7~8月
建設形態 4階建SRC造 築26年
工事内容 店舗移設に伴う外装工事
工事金額 210万円

不動産の売買を行う会社、T・Fエージェンシー様を
協力会社の日本エヌ・ティ・アールさんからご紹介いただき
移転先の新規店舗の外装工事をさせていただくことになりました。
移転先は中野区野方にあるマンションの1階、
新青梅街道から10mほぼ入った通りにあります。

<既存の様子>
正面                               正面向かって右

 

 

 

 

 

 

正面向かって左

が沢山あることから採光は期待できますが、
植栽などを含めて新しい店舗に見合うものにするには一工夫が必要そうです。

新店舗のイメージを御話合いさせていただいたり、実際に使用する素材を見ていただいたりして
たたきとなるイメージ図を基に完成イメージを作り上げていきました。

<完成イメージ図>

壁面をジョリパットで仕上げ、ルーバーを取り付ける事でより洗練された外装イメージです。

 

自動ドア上部にあったシャッターを撤去し、植栽を全て抜根して工事スタートです。

<ジョリパット工事>
まずは下地工事です。
ここでの下地処理はとても重要になります。
既存の壁面は吹付塗装されており、表面がボコボコしていました。
仕上げに使用するジョリパットのパターンは凹凸がほとんどない仕様です。
そのため初回に目の粗い下地材を塗り、
2回目に少し目の細かいものを、
3回目はさらに目の細かいものを塗り、やっと下地が完成です。

下地2回目                     下地3回目

ジョリパットを仕上げる前に鉄部を同色で塗装しています。

仕上げ工事後がこちら。

以前とは全く印象が変わりました。


レンガで出来ていた花壇もジョリパットで仕上げています。

 

<タイル工事>
店舗入口に貼ってあった既存タイルを半分程撤去し、
新しいタイルを貼っていきます。
以前より勾配が緩くなるよう施工します。


段差解消用のスロープを新たに設置し完成です。

<ルーバー設置工事>
下地を設置してから横ルーバーを設置していきます。

完成後がこちら。

エントランス向かって左側面に電気メーターがあるので
そちらは扉状にしたルーバーで開閉できるようにしています。

その他に、曇りガラスを5㎜の透明ガラスに入れ替えてます。

店舗外側から清潔感のある内部が見えるようになりました。

<植栽・看板工事>

職人さん3人がかりで設置していきます。

植栽:タイサンボクリトルジェム          ハツユキカヅラ・コルジリネ

自動ドア入口上部の看板は、社名・ロゴとしました。
ステンレスの切り文字を平面のベースプレートから15mm浮かせています。


切り文字とルーバーにより、立体感を出します。

看板に向けて2灯、自動ドアに向けて1灯、
植栽の中にもアッパーライトを4灯設置しています。

<室内看板工事、他>

内装工事は日本エヌティアールさんが施工されています。

カウンターの背面のみジョリパットで仕上げ、
アクリル板にロゴと社名を入れ、化粧ビスで固定しています。

完成!

Before                        After

 

―担当者より―
窓ガラスを透明にしたり、自動ドア上部看板の社名やロゴを切り文字にしたり、
せっかくやるならと、施主様には細かい部分まで質や品にこだわって頂きました。
そのおかげで以前の外観を思い出せない程の仕上がりになったと思います。
ここまで大掛かりに思い切ってやらせて頂き、仕事を請け負った私共としても
やりきった感のある充実した仕事となりました。
ありがとうございました。

<店舗情報>
有限会社TFエージェンシー
主な業種     不動産の売買
移転先住所    東京都中野区野方6-51-12
マースコーポ野方1C
ホームページ   TOP http://www.tf-a.jp/index.html
会社概要 http://www.tf-a.jp/company.html
※会社移転に伴い現在HPはリニューアル中です。

ページの先頭に戻る