施工事例

case56 代々木上原分譲マンション 無垢フローリング×こだわりのインテリア

  • 2013.09.27
  • マンションリフォーム
施工年月 平成25年8月
建設形態 築9年 SRC造 地上12階地下1階建て
工事内容 フローリング張替・食洗機交換・AC取付・クロス張替
施工期間 約2週間
工事費用 210万円

築浅中古マンションをご購入されたIご夫婦より内装リフォーム工事をご依頼ただきました。
家族構成はご夫妻に小さなお子様お2人の4人家族です。

リフォームの内容は既存の床材を撤去し無垢のフローリングに貼り替え、
既存の幅45cmタイプのビルトイン食洗機を幅60cmタイプのものへ変更、
各居室にエアコンの取付、水栓金具交換等になります。

元々の仕様がハイグレードになっており建具も天井高までのオーダー品と文句なしの内装。
その中で要所要所に散りばめられたこだわりの設備や小物により、
より素敵な空間へと生まれ変わりました。

<床張り替え工事>
既存のフローリング材

幅木も既存フローリングと同色だった為、すべて新しく張替ます。

張替後
LDから廊下       チークのフローリング材(ワックス前)

水廻り以外全てをチーク材のフローリングへ張り替えました。


幅木も無垢のチーク材を使用。建具枠の色とも違和感なく馴染んでいます。


左側:ダイニング 右側:キッチン
キッチンの床は今後のメンテナンス性を考慮しフロアタイルにしました。
またキッチンの床はLDから見えるため、無垢のチーク材に仕上がり色が合うよう
チーク柄を選ばれました。


こちらは洗面室との見切り部分。
見切り材は大工さんに床材を割いて加工して頂きました。


洗面室・トイレはオークのフロアタイルです。こちらはホワイトカラーに。
こちらの幅木はフロアタイルに合わせ白いものでコーディネートしました。


こちらはワックス前(左)とワックス後(右)。
ワックス後ではより一層木目が美しく際立っています。
小さなお子様がいらっしゃるため,天然の蜜蝋ワックスを使用しています。

 

<キッチン設備交換工事>
キッチンは食洗機、ガスコンロ、水栓金具を交換しました。
設備類は御施主様に御支給いただいたものです。
既存がこちら。

既存食洗機は幅が45cmですが新規に設置したい食洗機は幅60㎝です。
その為食洗機右側にある30㎝幅の収納を半分の15㎝に改修することで
60㎝幅の食洗機スペースを確保しました。

食洗機を撤去し隣の収納を加工し、扉も再利用できるよう大工さんに加工してもらいました。
食洗機の交換には給排水を再度配管し直す工事の他、
今回は200Vの電源(コンセント)が必要となります。その為電気工事も同時に行っています。

設置後

食洗機本体はミーレ社製。

工事前                   工事後

ガスコンロはリンナイ製の
トップが白になりミーレの食洗機ともマッチしています。

既存キッチン水栓金具               新規水栓金具

こちらの水栓金具もお施主様に御支給頂いたものです。
センサー付きになっており、手をかざすだけで吐水・止水が出来ます。素晴らしい!
(水栓金具 INAX ナビッシュ)

 

洗面室の水栓金具も交換しました。
既存水栓金具                   新規水栓金具

新しい水栓金具は黒です。

既存洗面室

黒は単体でセレクトされるとなかなか難しい色ですが・・・

タオル掛け、引出の取っ手など要所要所に黒を入れ全体のバランスが取られています。
(グリーンの壁や引出の手すりは御施主様が塗装されています!)

寝室


寝室はクロスを貼り替えエアコンを取り付けました。
梁の部分にかかる配管は蛇ジャバラ式のカバーで化粧しています。

各居室の排気口

プッシュ式になっておりシンプルな見た目です。

ダイニングや洗面室、寝室の壁面は御施主様自ら塗装されています。
まるで職人さんかと思うほど手際良く、
そして仕上がりは写真で分かる通り大変素敵なものでした。

内装工事終了後、ご家族皆様で蜜蠟ワックス掛けをするということで
私共も少しお手伝いさせて頂きました。
ご家族皆様で一緒に作りあげた素敵な住まいとなりました。

お引越し後

―担当者より-
今回の工事では食洗機やガスコンロ、水栓金具やタオル掛けなどは
全てお施主様自ら選ばれ御支給いただいたものです。
寸法など既存の仕様に合うものをお選びいただくのは大変だったと思いますが、
お忙しい中でも一つ一つ丁寧に選ばれるその姿勢に見習わなくてはと改めて思いました。
そういった姿勢はお部屋の随所に現れています。
お引越しが完了した後伺わせていただいたそのお部屋は
まるで雑誌に出てくるような素敵なお部屋でした。

一緒にお住まいを作れたことを大変うれしく思います。
有難うございました。

ページの先頭に戻る