施工事例

case52 新宿区早稲田 ー新しい家族を迎えるためにー 

  • 2013.08.30
  • 戸建リフォーム
施工年月 平成25年6-7月
建設形態 築約30年 3階建S造
工事内容 水廻り交換・床張り替え、和室を洋室へリフォーム
施工期間 約3週間

 

新宿区早稲田は言わずと知れた学生街。
懐かしい雰囲気漂うこの街にお住いのI様よりご実家のリフォーム工事をご依頼いただきました。

3階建てビルの1階はテナントに貸し出し2・3階を住居としてお住まいでしたが、
2階を御父様の住居、3階をI様ご夫婦の新しい住居としてリフォーム工事をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事は3階部分・水廻り中心に行い、6畳の和室を洋室へリフォーム。
キッチンでは瞬間湯沸かし器、浴室ではバランス釜を使用されていたので
新たにガス給湯器を設置します。
建具はH180cmと少々低い為、全て2m高のものへ入れ替えます。

 

工事前・解体中

こちらは6畳の和室です。
天井は船底天井になっており、立派な黒檀の床柱。
板間には意匠として竹が立てられていました。
しかしながら和の要素が強すぎてしまう為、
棚・柱を撤去します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和室とダイニングとの間仕切壁を解体していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンは既存のままですが瞬間湯沸かし器を撤去し水栓金具を交換します。
以前の浴室床高よりユニットバス床高が上がってしまう為、出来る限り土間を斫ります。

 

 

 

解体物は産業廃棄物収集トラックに引き上げてもらい、すっきり。

工事中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床下地を一部めくっていきます。
さて何の為でしょうか。

バルコニー側の外壁にも穴を開けます。
そこに給湯管、ガス管、電気配線を引きこみます。

バルコニーにガス給湯器を設置する為の設備工事でした。
完了後、木工事を進めます。

廊下は既存カーペットを剥しフローリングを貼ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニットバスの組立が完了したら洗面室の木工事を進めます。
その後、塗装工事・内装工事・クリーニングを経て・・・

 

リフォーム後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビング
まだ壁は下地材がむき出しです。
珪藻土仕上げの予定ですが全て仕上げてしまうのではなく
ご自身でも手を動かし家を作り上げたいというI様の御意向で、
お引き渡し後一緒に左官工事をさせて頂きました。左官の模様は後程ブログでご紹介します。

フローリング材はオーク柄のものです。
リビングの片開き扉も床に合わせオーク柄をお選びいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8畳の和室との境にあった襖は撤去し
鴨居と敷居の溝が不要になった為無垢の単板を貼ります。
和室は畳の表替えのみしています。

 

 

 

洗面室
こちらの洗面ボウル・鏡・水栓金具はI様より御支給いただき取り付けています。
使い勝手を考慮し、以前とは洗面台・洗濯洗濯機スペースを入れ替えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前トイレと洗面室には段差があり、トイレ側が一段上がっていましたがフラットになりました。
タンクレスの便器はパナソニック社のアラウーノ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I様こだわりの手洗器を新設。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニットバスは清潔感があり落ち着いた雰囲気になりました。窓がありとても明るいです。
こちらもパナソニック社のココチーノシリーズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バルコニーにはひっそりと給湯器が。

 

★担当者より★

実はI様ご夫婦、今秋結婚式を控えられております。
休日もお忙しい中、打ち合わせにお時間を割いて頂き工事中も差し入れを頂いたりとお気遣いいただき有難うございました。
新しい生活の始まりは少しずつ家具や雑貨が増えていき、
いつ立ち合わせて頂いても心躍る瞬間です。
ありがとうございました。

ページの先頭に戻る