施工事例

case28 渋谷区道玄坂 レジデンス地下メンテナンス

  • 2012.02.29
  • 賃貸リフォーム(付加価値プラン)
施工年月 平成23年11月
建設形態 築7年 9階建RC造 地下ピット部分
工事内容 地下ピット内漏水対策
施工期間 1日間
工事費用 湧水対策(ポンプ交換):約42万円
     揚水ポンプ交換:約47万円

渋谷区にある高級賃貸マンション(レジデンス)の
駐車場地下ピットをメンテナンスさせていただきました。

不動産を所有する法人様より、
低層部にテナントが入るレジデンスの駐車場地下ピットにて
「湧水が壁をつたい、水が溜まるという状況を改善したい」というご相談を頂きました。

現場を確認したところ、問題点は2点。

湧水を集めたパイプの受け口が繋がっておらず垂れ流し状態、
堤防の役割を果たすはずの排水路のブロックが劣化し、
地下ピット内に湧水が溢れでていました。
それから、2機ある揚水ポンプのうち1機が動作せず、もう1機も不具合が見受けられました。
すぐにでもメンテナンスが必要な状態でした。

  

これらを改善するため、

・湧水用塩ビ管を新たに配管
・排水路のブロックにコーキング(防水モルタルを塗る)
・2機のポンプ両方を新しいものへ交換

といった工事を行いました。

地下ピット全体。

湧水用塩ビ管をつなぎ勾配をつけ、湧水を揚水ポンプへ送り出せるよう施工。

塩ビ管接続の様子

そしてこちらが、
メンテナンス完了時の様子です。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  

今回は、湧水の排水を改善対策としてご相談いただいたのですが
同時に「揚水ポンプ」の不具合に気付くことができました。

テナントが入るビルにつき、駐車場の機能を止めるわけにいかない為
警備員を配置しての工事となりました。
住まい同様、「居ながら」の作業は懸念する部分が多くなりますが、
みなさまにご理解とご協力を頂けたことで滞りなく作業を完了することができました。
ありがとうございました。

★ 担当者より ★

恒栄ホームでは、こういったハード部分のメンテナンスも承っております。
問題点をしっかり把握し、最適策をご提案の上施工させていただきます。
建物のことでお困りのことがございましたら、是非お声かけくださいませ。

ページの先頭に戻る